このデータは、MySSIアプリのダイバーのログブック情報から提供されます

所属されているトレーニングセンター

近くのダイブサイト

Le Donator

Donator (Prosper Schiaffino) 地中海の沈没船に関する資料。潮流が非常に強いことがある。船尾は51m、船首は48m。

詳しくはこちら

Sec du Sarranier

機械翻訳:PorquerollesとPort Crosの間にあります。 18メートル、平均深度40メートルの岩の頭。 生命は植物相と同様に動物相にもたくさんあります。 ここで遭遇する種の多様性はかなりあり、遠洋性、地衣類、またはマグロに遭遇することは珍しいことではありません。

詳しくはこちら

Sec du Gendarme, Porquerolles

SEC 14/26M。アンカレッジの設置、強制的な認可、しばしば特別な航行でメデへの接続が可能な電流にさらされる。頻繁に発生するDECO

詳しくはこちら

Cap des Mèdes

ポルケロール島の北端は、騎士に倒された石化したドラゴンを表す "アリカス "の角と一致する。ポルケロール島は、目覚めないように島のさまざまな要塞に封印された獣の眠りについているのである。

詳しくはこちら

Épave le Marcel

帆と蒸気推進を組み合わせた19世紀末の沈没船です。水深は31mで、構造が非常に崩れており、すべての生命が下に集中しているため、ほぼ一定の深度で潜ることになる。

詳しくはこちら

Barge aux congres

深度が深く、また現場には強い流れがあることが多いので、難しいダイビングである。小さいので場所がわかりにくく、沈没船には興味がなく、初めて見ても特に魅力はない。

詳しくはこちら

Pointe de Montrémian

0~34m、45度の砂地が印象的な「スキースロープ」で有名なこのダイブサイトは、イエール諸島の中でも特に小さなバゴー島の北西、ポート・クロス国立公園の中心部に位置しています。

詳しくはこちら

Les dalles de Bagaud

ポシドニアに囲まれた平らな岩で構成された岩場。丸い穴の開いた岩は「L'oeil de Bagaud」と呼ばれ、この峠の海上交通は激しい。

詳しくはこちら

Le Ferrando

1893年7月26日に沈没した難破船が、Hyeres港の真ん中にある-25mの砂の背景の上に置かれています。コークス」を積んでいたため、多くの破片が超軽量の黒い小石の形で今も残っている。

詳しくはこちら

La Gabinière Ouest

このダイビングサイトでは、大きな岩場が交互に現れ、南側には40メートルまでの壮大な尾根があります。また、東風から守られており、4つのブイにボートを係留することができます。

詳しくはこちら