このデータは、MySSIアプリのダイバーのログブック情報から提供されます

所属されているトレーニングセンター

近くのダイブサイト

Friwen Wall, Raja Ampat

このダイブサイトは、ダンピア海峡の数少ないウォールダイブという点でユニークです。ウォールのスタート地点には、2つの小さなケーブがあり、そこでは、魚が逆さまに泳いでいるのを見ることができ、初めて見る光景は、とても不思議なものです。

詳しくはこちら

FRIWEN WALL

ソフトコーラル、ブラックコーラル、ゴルゴニアンに覆われたカラフルな壁。深度2-26m。普段は簡単なダイビングで、マクロを探す時間もある。流れが強くなると、ドリフトダイブに最適な場所となる。

詳しくはこちら

ソフトコーラルとハードコーラルが混在する浅いリーフ。通常、流れは非常に穏やかである。流れが強くなれば、リーフが長いのでドリフトダイブができる。深度3~14mがベスト。

詳しくはこちら

Biodiversity House Reef

生物多様性ジェティの前のリーフは、バトゥリマに向かってずっと続いていて、2mから始まり、20mまで下がっています。リーフには多くの裂け目があり、生物が隠れる場所となっています。

詳しくはこちら

インドネシア語で「五つの岩」を意味する名前のこのサイトは、多くのゲストがこのサイトに1つ以上の再訪を要求している、長年のお気に入りです。北東側に降下すると、約24mの最大深度にダウンします。

詳しくはこちら

このリラックスダイブは、エントリーポイントと南東側のベストポイントとの間に良い距離を残して、島の現在の側で行う必要があります。

詳しくはこちら

最寄りのダイビングセンターから20分、ディープダイビングサイト、上級者向け、中~強い流れ、魚の群れがいる面白いサンゴの形、ミオスクンダイブサイトでダイビングを終えることも可能です。

詳しくはこちら

Kabui Reef

カブイは、砂地にリーフが点在する人里離れたビーチである。穏やかで流れがなく、講習やリフレッシュのためのコンディションが整っており、ハードコーラルやソフトコーラルのボンビー周辺での穏やかなダイビングも楽しめる。ウミガメやマダラトビエイに出会えることもある。

詳しくはこちら

Dilaut

スクーバダイバーセンターからボートで10分、初心者レベルのダイバーに適している。

詳しくはこちら

ソウル・スクーバ・ダイバーズ・ダイビング・センターから15分ほどで、小さなキノコ型の島に到着する。オーバーハングと壁があるので、アンダーウォーターライトを持っていくといいだろう!

詳しくはこちら