このデータは、MySSIアプリのダイバーのログブック情報から提供されます

所属されているトレーニングセンター

近くのダイブサイト

Leonora’s Reef (X)

リーフは浅いところからきれいに始まるので、スノーケリングに適している。さらに、急斜面の壁にはたくさんの入り江やトンネルがあり、そこでたくさんの生物を見つけることができる。

詳しくはこちら

Sampler (Z)

サンプラーはクライン・ボネールの最北端のダイブサイトで、多くの人が訪れる。ここに住むフレンドリーなエンゼルフィッシュとたわむれ、リーフを楽しもう。

詳しくはこちら

No Name (A)

このスポットはクライン・ボネールのハイライトではない。クライン・ボネールへの水上タクシーがここに停車するため、ビーチを訪れる人や日帰り旅行者が多く訪れるスポットだ。

詳しくはこちら

Carl’s Hill (V)

ソフトコーラルとスポンジで覆われたこの壁は、水中写真家にとって本当に楽しい場所だ。そのため、この場所は写真家カール・ロスラーにちなんで名づけられた。水深は10メートルから40メートルまである。

詳しくはこちら

Mi Dushi (T)

ミ・ドゥシ(私の恋人)は38メートルまで続く美しい壁である。ボネール島にあり、スタート地点が平らなのでスノーケリングにも最適だ。

詳しくはこちら

Ebo’s Reef (B)

このリーフはクライン・ボネールにあるので、ボートで訪れる。ボネールで最初に認定されたダイビングインストラクターの一人であるエボ・ドマカセにちなんで名づけられた。

詳しくはこちら

Sharon’s Serenity (R)

クライン・ボネールの美しいスポットで、海岸近くに停泊するため、ダイビングやスノーケリングにとても適している。リーフの深度は6~30メートル。

詳しくはこちら

Joanne’s Sunchi (J)

ジョアンズ・サンチ(またはジョアンズ・キス)は、ディープダイビング・ポイントである。サンゴがたくさん生えているこのドロップオフ沿いには、砂の隆起が深度下まで続いている。

詳しくはこちら

Rock Pile (I)

この場所は、クライン・ボネール島の石の山の前にある。浅瀬のダイビングにも適している。

詳しくはこちら

Small Wall (25)

スモール・ウォールの名前の由来は、約12メートルから24メートルの小さな壁で、海岸から25メートルの場所にある。非常にカラフルなスポットで、写真家もよく訪れる。入り口は私有地のため、この場所へは水上からしか行けないのでご注意を。

詳しくはこちら