このデータは、MySSIアプリのダイバーのログブック情報から提供されます

所属されているトレーニングセンター

近くのダイブサイト

Buyuk

カスプラの高速船やポンツーンの近くでのウォールダイブです。リーフの上部は高速船の影響でダメージを受けていますが、深部のリーフは美しいままです。

詳しくはこちら

Pura Mas Gading

ブユクとセンタルの間に位置するPMGは、浅瀬にある小さな寺院が目印で、モラモラのクリーニングがよく見られる場所です(時期が合えば)。通常、このサイトは緩やかなドリフトで、たくさんのソフトコーラルと豊富な魚類が生息しています。

詳しくはこちら

Batumulapan

バトゥムラパンは、14m以上の浅瀬に素晴らしいリーフ構造を持つ、傾斜のあるウォールダイブです。ソフトファンコーラルと巨大スポンジは、通常のハードコーラルと同様に見ることができます。

詳しくはこちら

Sental

このダイブサイトはスピードボートで簡単にアクセスでき、流れに乗って潜るのがベストです。ダイバーとダイブリーダーは、ダイビングの時間、ピックアップポイント、エグジットについて、スピードボートのキャプテンとよく調整しておく必要があります。リーフは原始的なサンゴ礁が広がっていて、とても美しいです。

詳しくはこちら

Karang Sari

カランサリは、ヌサペニダの東海岸にある湾で、様々な潜り方ができる大きなダイビングサイトです。10-12mのリーフプラトーには、多くの大きなボミーがあり、より深いウォールには、大きなウミウチワやオーバーハングがあります。

詳しくはこちら

Pura Ped

ペドはヌサペニダの北側にある美しいダイビングポイントです。ノマドダイビングからボートで5分ほどのところにあります。ペッドの特徴は、5mから始まって、40mまで下降し、その先には傾斜したリーフがあります。流れは穏やかなものから強いものまであります。

詳しくはこちら

SD Point

SDポイントとは、「セコラダサール」や「小学校」の略称です。バリ島で最も多様なサンゴのコレクションを誇るポイントです。ビーチカバーに沿って平行に棚のスロープの底を持ち、豊富なサンゴがあるので、ドリフトダイブには最適です。時折、流れが非常に強くなることがあります。

詳しくはこちら

Dan’s Reef

ダンズリーフは、ヌサペニダ島のノマドダイビングの目の前にあるハウスリーフです。ショアエントリー、ボートエントリーでアクセス可能です。潮の満ち引きで流れが強くなることがありますが、比較的手付かずの美しいダイビングサイトです。浅い階段と深いスロープのエリアが主な特徴です。

詳しくはこちら

suana

スアナはヌサペニダの東海岸に位置し、リーフが下方の未知の深さまで落ちている素敵なウォールダイブを提供しています。流れは強いですが、適切なタイミングで潜れば楽しいダイビングができます。

詳しくはこちら

Toyapakeh

浅瀬から成長を始めるサンゴがある大きなオープンベイ。下っていくと、驚くほど色鮮やかなサンゴ礁に覆われた大きな岩に出会うことができます。トヤパケには強い潮流があり、時には予測不可能な潮流もあります。

詳しくはこちら