Embudu Express

エンブドゥ・エクスプレスは、時として5~6ノットにもなる潮流で有名です。ダイバーはまずチャネルの中央にあるエッジにまっすぐ降りて、25~30mのところで待ちます。サメやワシエイがどんどん近づいてきます。

ハンマーヘッド、ギターシャーク、グレーリーフシャーク、ホワイトチップリーフシャーク、イーグルエイ、エイ、ビッグバラクーダ、ハタ、さらにはジャックフィッシュやナポレオンラスの群れなどが目撃される可能性があります。

レベル

レベル

  • アドバンス
透明度

透明度

  • 20 m
流れ

流れ

  • 流れが強い
  • 弱い流れ
  • 離岸流
  • 流れなし
ダイブの種類

ダイブの種類

  • ドリフトダイビング
  • クリーニングステーション
  • 根、水中山

水温と透明度

ダイブ数

野生生物の多様性

所属されているトレーニングセンタ

近くのダイブサイト

ここは、オグロメジロザメとホワイトチップシャークの生息地であることから、海洋保護区に指定されています。ダイビングは、チャネルの南側から始まり、30m付近の最後の「ステップ」の端まで沈んでいきます。

詳しくはこちら

Embudu House Reef

初心者ダイバーから上級者ダイバーまで楽しめるサイトです。このハウスリーフは、岸から簡単にアクセスでき、海洋生物がたくさんいます。

詳しくはこちら

南マーレ環礁で最も人気のあるダイビングポイントの一つで、健康的なサンゴと驚くほどの魚たちが生息しています。ハードコーラル、ソフトコーラル、扇形の大きなオーバーハングの上には、色とりどりのハードコーラル、ソフトコーラルが見られます。壊れたブロックとコールドキャニオンとして知られているメインリーフの間の狭い通路を見逃さないでください。

詳しくはこちら

現地の言葉(ディベヒ語)では、ミヤルは「サメ」、ファルは「サンゴ礁」を意味します。サメの珊瑚礁ということで、ここで何が期待できるかは想像に難くありません。ホワイトチップシャーク、グレイリーフシャーク、ナースシャーク、レオパードシャーク、そして珍しいタイガーシャークやジンベイザメの目撃例もあります。

詳しくはこちら

モルディブ・ビクトリー号は、1981年にマーレシティ島と空港島のすぐ近くで沈没した貨物船です。全長80mのこの貨物船は、シンガポールからリゾートアイランドへの物資を運ぶ途中で沈没しました。

詳しくはこちら

この難破船のサイトに行くには、近くのリーフ「ギリ」から少し泳がなければなりません。この保存状態の良い沈船は1994年に沈んだもので、海の生物とチームを組んでいます。

詳しくはこちら

Although generally less dived than its northern counterpart (Miyaru Faru), Gulhi corner is a good option when oceanic current runs from the south east. A nice place to finish the dive after crossing the channel (coming from Myraru Faru corner). Some small overhangs with nice hard & soft corals. plenty of pelagics

詳しくはこちら

Dhigu Thila lies in the pass between the local island of Gulhi & the resort of Anantara. A quite long thila, it boasts majestic sea fans, beautiful soft & hard corals, and a dense & thriving fish life. Marble sting rays, eagle rays, grey reef sharks, occasional manta, and good macro is what you can expect here

詳しくはこちら

Dragon’s Mouth is an old time classic (and also favourite) that is located on the outside reef of North Male Atoll. The dive site itself is a well-protected inlet on the outside reef offering a number of caves.

詳しくはこちら

Lumboa Giri is located quite close to Kuda Giri, and it’s a quite similar dive site, although smaller and without the wreck. A nice pinnacle, with an interesting configuration, it boasts nice hard & soft corals, a good fish life, and makes for an interesting macro option.

詳しくはこちら