Nishikawana

房総半島館山の先端に位置するスポット。ボートダイビングのみで、水深は最大25m、平均15~16m。水底は岩礁やゴロタ石、砂地が入り交じった地形になっている。時として流れが速くなるため注意が必要である。水底には急な流れの時に掴まることができるようにロープやチェーンが設置されている。メインポイントはV字型に切れ込んだ谷のような地形の根で、その周辺に多くの魚が集まる。西川名の魅力はその魚たちが大型魚であることで、1mを超える大型のハタや50㎝を超えるヒゲダイが群れで住み着いている。

V字谷周辺にはクエ、ヒゲダイの群れ、テングダイなどの大物が見られる。夏はトビエイが群れで見られることもある。また巨大なクロアナゴが住み着いており近くで観察することができる。夏は小魚の群れを追ってきた大型回遊魚の群れに遭遇することもよくある。

レベル

レベル

  • アドバンス
透明度

透明度

  • 15 m
流れ

流れ

  • 流れが強い
  • 弱い流れ
  • 流れなし

水温と透明度

ダイブ数

野生生物の多様性

所属されているトレーニングセンタ

近くのダイブサイト

千葉県の房総半島、館山に位置する比較的新しいポイント。餌付けされたサメとエイ、大型のハタなどが見られる。ボートダイビングのみ。大きな細長い根の両端にブイがあり、流れによってどちらかからエントリーしてもう片方のブイから浮上する。ブイの下が餌付けポイントとなっており、大量のエサを撒くとたくさんの魚が寄ってくる。

詳しくはこちら

房総半島の館山の内湾に位置するポイント。ビーチもあるがボートダイビングがメイン。港から5分ほどの「高根」ポイントには水中に神社と大きな鳥居が設置されている。この神社は外観だけではなく、本物の神社から分社した本物の水中神社である。そのそばには水中エアドームが設置してあり、ドーム内で水面上に浮上してマスクの位置を直したり飲み物を飲んだりすることができる。また定置網にかかった様々な生物を港近くの巨大なイケスに放ってありその中でダイビングすることができる。ここには夏季によくマンボウが入れられ、時にはジンベエザメも入ることもある。

詳しくはこちら

神奈川県三浦半島の最南端に位置し、東京湾と相模湾の境目にある。橋を渡って到達できる。東京圏からかなり近いため日帰りでのダイビングもでき人気が高い。ボートダイビングがメインだがビーチもあり、ビーチの最大水深は7m。ウミウシやダンゴウオ、ビーチのタツノオトシゴやスナビクニンをはじめとする貴重なマクロ生物が多く観察できるスポット。長さ100M落差10数メートルのダイナミックなビッグクレバスやドロップオフなどダイナミックな地形のポイントもある。

詳しくはこちら

伊豆七島で最大かつ最も本土に近い島。島の中央には活火山である三原山がある。ボートダイビングもできるが、多彩なビーチポイントを有するためビーチからのダイビングが盛んである。その中で最も人気が高いのが秋の浜である。水中も火山からの溶岩が流れ込んでおり、小型のアーチや根など複雑な地形を構成している。エントリーは岸から大きく張り出した岩場の上から飛び込む形で行い、エキジットは水中に設置されたハシゴ上のパイプを登って行う。エントリーすると溶岩地形にゴロタ石が点在し、沖に進むと砂地が現れる。場所により砂地と岩場が複雑に点在する。

詳しくはこちら

都心からとても近く、日帰りダイビングで人気のスポット。ダイビングポイントは港からボートで10分ほど。水深30mの砂地に根がある。岩の壁一面がソフトコーラルで覆われており、その周囲をキンギョハナダイが群れ泳いでいる。マダイやクエなどの大型魚をはじめカンパチなどの回遊魚の群れも観察することができる。

詳しくはこちら

熱海の沖合い約10km、フェリーで30分で到着できる静岡県唯一の有人離島。島に渡ったあとビーチダイビングもボートダイビングも可能。ビーチの沖には家の形の巨大な漁礁があり、夏から秋にはすさまじい数の魚があつまり圧巻である。そのさらに沖には沈船もある。またイルカが登場することが多くダイビング中に出会えることもある。

詳しくはこちら

東伊豆を代表する人気スポット。IOPからほど近い。メインは2つのビーチポイントで、ボートダイビングも盛んである。ビーチにはスロープや手すりがありエントリー/エキジットもやりやすい。海況は穏やかなことが多く初心者から楽しめる。珍しい生物が多く見られることからフォト派ダイバーにも人気が高い。船の形をした温泉があり、ダイビング前後にスーツのままで入ることができる。

詳しくはこちら

東伊豆を代表するダイビングポイント。施設もしっかりしており、プールもある。夏は海水浴客やプールを利用する一般の人でも賑わう。この界隈は大昔に大室山が噴火したときの溶岩が海に流れ込み、陸から突出した岬や根を形成した地形になっているが、水中にも同じような根や岩山が多くみられその周辺をダイビングする。エントリー周辺は浅くなだらかな岩場が続くが、少し沖に向かうと砂地となり急激に深くなる。かなり広い範囲がダイビング可能エリアとなっており、地形・マクロ・大物と様々なタイプのダイビングが楽しめる。しかし流れが出ることもしばしばあり、自分の力量をよく見極めて控えめにダイビングするように心がけたい。

詳しくはこちら

真鶴半島の西側に位置し関東圏からもかなり近い人気のポイント。ビーチエントリーもボートエントリーも可能。ビーチには天然記念物に指定されているサンゴイソギンチャクの群生地があり、その周りにクマノミをはじめとするカラフルな生物が多く見られる。ボートポイントではコンスタントにネコザメの幼魚が見られるポイントがある。

詳しくはこちら

東伊豆を代表する歴史あるダイビングポイント。東京圏からも2時間程度でアクセスでき、日帰りも可能なため特に関東ダイバーから人気のスポットとなっている。基本的にはボートダイビングオンリーで、根を潜るスタイルが基本だが、すり鉢状の地形のソーダイ根や巨大な沈船などもあり水中はバラエティに富んでいる。また冬季のみダイビング可能な「小曽我洞窟」というケーブポイントがあり、水深が最大でも7-8mのため初心者から人気のポイントとなっている。地形派や沈船ダイビングが好きなダイバーにはお薦めのポイント。

詳しくはこちら