Get Wet Waikato

ゲット・ウェット・ワイカトにある屋内温水式のダイビング&スイミングプールです。プールの深さは3メートル、長さは約9メートルです。敷地内に更衣室とシャワーがあります。

This is a heated indoor diving swimming pool at Get Wet Waikato. The pool is three meters deep and around nine meters long. There is a changing room and shower on site

レベル

レベル

  • 初心者
水域

水域

  • 人口
透明度

透明度

  • 10 m
流れ

流れ

  • 弱い流れ
  • 流れなし
ダイブの種類

ダイブの種類

  • プール / インドア

水温と透明度

ダイブ数

野生生物の多様性

所属されているトレーニングセンタ

近くのダイブサイト

Rena (Wreck)

沈船レナは、タウランガ港の入り口から12海里離れたアストロレーブ・リーフにある。沈船は水深18-70mの間にあり、1m以下のうねりがある穏やかな状態でのみダイビングが可能です。潮の流れによっては、流れが強くなることもあります。

詳しくはこちら

The Golf ball/ Car Park

ボートハーバーは駐車場として人気のある場所ですが、ワイパパ島周辺でのダイビングも楽しいものです。中央には砂地の湾があり、島の周囲に行くほど深くて急なドロップオフになっています。

詳しくはこちら

Matiatia Bay - Wharf

ワイヘキ・フェリーターミナルの埠頭とその周辺、埠頭の北側。透明度が悪く、ボートの往来が多く、危険な場所です。このダイブは経験豊富なダイバーのみが対象で、ハーバーマスターの許可を得た場合に限ります。例えば、クリーンアップダイブのみ。

詳しくはこちら

その名の通り、大きな湾で、周辺にはいたるところにダイビングスポットがあります。中央に向かうにつれて深くなり、西端には白い砂地が広がっています。

詳しくはこちら

Rarotonga Bay

ラロトンガ湾は、期待を裏切らない場所のひとつで、天気の良い日の水は熱帯地方の一日と見紛うほどで、そのためにこの名前が付けられました。

詳しくはこちら

シャンパン・ロックの北側は、ダイビングのスタート地点として最適な場所です。シャンパンベイの外は10mで、大きなオープンリーフが広がっています。岩の横には、海の生き物がたくさんいる壁があります。

詳しくはこちら

GEM STONE BAY

ジェムストーンベイは、ハーヘイ海洋保護区内にあるため、タッチ&テイクが禁止されているダイビングスポットです。コロマンデルで最大の鯛やザリガニを見ることができ、海洋保護区が地域のために何をしてくれるのかを知ることができる素晴らしい場所です。

詳しくはこちら

Aldermens- Fish Factory

フィッシュファクトリーは、アルダーマングループにある数多くの素晴らしいダイビングスポットの1つで、クルーズに適したウォールと、ウォールからすぐの場所にあるピナクルを備えています。

詳しくはこちら

Aldermens- HoneyComb

ハニカムダイブサイトでは、ハニカム状の洞窟に入ったり、岩の南側にある急峻で深い壁に沿って進んだりと、様々な水中探索が可能です。

詳しくはこちら

MAHURANGI IS/ GOAT IS

何ヶ月も前に人工リーフを作るために2台のトラクターがここに沈められました。ここは砂地で、小さな割れたリーフがあり、海平海洋保護区に隣接しています。初心者やOW1、2の方に最適です。ナビゲーションも簡単で、ほとんどの天候から守られています。

詳しくはこちら