南九州でのダイビング

薩南諸島は鹿児島から沖縄まで点在しており、日本でも有数のダイビングスポットとなっています。これらの島々には温帯と亜熱帯が混在しており、サンゴ礁には多くの生物が生息しています。水温は年間を通して暖かく、視界も良好です。いくつかのダイビングスポットでは、難破船や沈没した飛行機を探索することができます。与論島はウミガメとの出会いで有名で、屋久島には古代の自然が残っており、奄美大島では魚の群れや素晴らしいマクロ生物が見られ、トカラ列島は多くのユニークなダイビングを誇っています。

南九州のダイビングスポット

南九州の野生動物との出会い