エルラウフゼーでのダイビング

水深38メートルのエルラウフゼーは、ウィーンから車で約2時間のところにあり、ミッターバッハ村近くのゲマインデアルプの麓にある山間の湖で、ニーダーエスターライヒとシュタイアーマルクの国境を形成しています。木々が生い茂る谷間に位置し、特に春と秋には、30メートル(98フィート)までのダイバーの視界を提供することがよくあります。数え切れないほどの水に浸かった木々、険しい壁、そしてレイクトラウト、グレイリング、パイク、パーチ、ラッド、イワナなどの魚の豊富さは、この山の湖の典型的な特徴です。ダイビングゾーンは、エルラウフゼーの3.1キロ地点の湖の南西部(シュタイリア)からシュタインバッハ川の合流地点まで広がっています。

エルラウフゼーで訪れるべきダイビングポイント

エルラウフゼーの野生動物との出会い