ウミガメの中で一番小さい

ケンプリドリーウミガメはウミガメの中で最も小さく、甲羅の長さはわずか2フィート、重さは100ポンドです。また、ウミガメの中では最も分布が小さく、主にメキシコ湾の暖かい海に生息しています。これらの爬虫類の中で最も絶滅の危機に瀕している爬虫類であり、この種を保護するために大きな対策がとられているにもかかわらず、その個体数はまだ回復するのに苦労しています。実際、メキシコのランチョ・ヌエボには、1年に1度、数千人単位で上陸して巣を作る「アリバダス」と呼ばれる現象が見られる、唯一の繁殖地となる海岸があります。

Diamond Center
Instructor Training Center
Instructor Training Center

{{ item.stateLong }}, {{item.countryLong}}
Show affiliated dive sites
Affiliated dive site {{additionalItem.title}} {{additionalItem.distance}} km


{{item.stats.loggedDives}} ダイブ記録
Show affiliated dive centers
Affiliated divecenter {{additionalItem.title}} {{additionalItem.distance}} km
No results/current events found. Please try another search term.

もっと見る 水中の野生生物

IMAGE © Alamy-Biosphoto

ゴンドウクジラ (Pilot Whale)

IMAGE © iStock-Nigel Marsh

ウォビゴン (Wobbegong)

IMAGE © iStock-ShaneGross

アカウミガメ (Loggerhead Sea Turtle)

IMAGE © Shutterstock-Joost van Uffelen

ヒメウミガメ (olive ridley sea turtle)

  水中の野生生物をさらに検索する